スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトチャペル 終わりなき殺意

  • 2010/09/29(水) 12:30:58

Whtechapel.jpg

評価

★★★★★

あらすじ

ジョー・チャンドラーは将来を約束された警察官僚。出世のはなむけに現場の事件を解決してみたいという彼の希望で
ロンドンのホワイトチャペル地区で起こった殺人事件を担当することに。
しかし巡査部長のマイルズを初め、現場の刑事たちは反発し、ジョーを子供扱いして
まともに取り合わない。
ジョーは雑然とした部屋と刑事たちのよれよれの服装にぶち切れる。
そんな中、事件について重要な情報があると連絡があり、警察署を訪れたのは、
バッカンという自称切り裂きジャックの研究家だった。
彼は事件があらゆる面で120年前のジャックの犯行と似ていると指摘するが、マイルズは全く相手にせず、彼を追い返してしまう。
しかし、彼の説明が気になる点があったジョーはジャックの第2の犠牲者と同じ犯行場所近くに刑事たちと張り込むが、犯行時間とされている時間までには何も起こらなかった。
ところが次の瞬間に女性の悲鳴が通りに響き・・・。

感想みたいなもの

Sherlock、ベネディクト&マーティン祭り!?が一段落したので、やっと撮り溜めたドラマをちまちま鑑賞。
(・・・実際のところ一段落してはいないのですが;爆)
WOWOWの再放送。MI-5のアダム役ルパート・ペンリー=ジョーンズが主役の60分×3話のミニシリーズ。ITV製作のドラマです。
マイルズにはSherlockでCabbieを演じたフィル・デイヴィス。悪役以外初めて見た(笑)。
ジョーが潔癖症で、ペンとかを揃えて机に置く様はLOMのサムみたい。
(サムは最初のそのシーンだけでしたが)
服装も隙なくカチッと決めてて、汚れたものも素手で触れない。
その上現場初体験のため、遺体を見る度ゲ○ゲ○状態(笑)。
当然そんな何も知らない若い上司に部下の所轄刑事たちは猛反発!
完全におちょくってまともに取り合ってもらえず、溝は深まるばかり。
しかし、真剣に事件に取り組むジョーに徐々に刑事たちも彼を認めていく過程が良かったです。
(マイルズの誕生パーティーのシーンが良かった!)
部外者ながら研究家としての全プライドをかけて協力するバッカン、彼の話に耳を傾けるジョーとの関係もよく描かれていたと思います。
ジョーもエリートで出世街道まっしぐらなので、絵に描いたような嫌みな人物かと思いきや、
お育ちはいいものの、まじめで思いやりもある、普通にいい人でした(笑)。
これまた若干どころか結構抜けてて(例の誰かさんみたい;爆)、
これまた可愛かったです。
(ルパートもこれでアラフォーだけど;汗)

で、「異次元」の世界にいきなり放り込まれる刑事。どこかで見たような設定だと思いませんか?
それもそのはず、監督はあのLife on Marsを6話も手掛けたS・J・クラークソンです!
調べてみたら、彼女はアメリカへと渡り、ヒーローズやデクスター、アグリーベティーなども撮ってます。
イギリスでもEastEnders、Casualty、ミストレス、華麗なるペテン師も撮ってますね。
(今度Sherlock監督、やってもらうとおもしろいかも)
それにしても60分で3話とはSherlock以上に短い!クリフハンガーでないだけマシかもしれませんが、
実はシーズン2はもう撮り終わっていて、今年中には放送されるそうです。
WOWOWさん、放送よろしくお願いしますです。

スポンサーサイト

ラストエネミー 近未来監視国家の陰謀 第2話

  • 2010/09/27(月) 22:00:43

lastenemy460X276.jpg
評価

★★★

あらすじ

細菌学者のモートン教授の研究施設に進入した後気絶していたスティーヴンは、気がつくと教授と秘書が殺されていた。慌てて研究所から逃げ、元恋人で政府閣僚のエレナに電話でどうすればいいか相談する。
彼女に言われたとおりホテルに身を隠すが、ずっと彼を尾行していたラッセルという男に拉致されてしまう。

感想

見事に放送日を勘違いして、1話を見逃してやっと見えました!
でも断片的に見覚えのあるシーンがあったので、ちょこっとこの回も見ていたようです・・・。
この回のキモはなぞの男ラッセルの正体!
とにかくこの人コワっ(笑)!
何の説明もなく拉致しまくって、脅迫シーンもめちゃ恐い~。
しかもスティーヴン行くところストーカーよろしくどこにでもいるので
こっちまで「ヒッ!」ってビビッてました(笑)。
ロバート・カーライルにぴったりの役ですな。
で最後に彼自身の口から明らかになる彼の目的。
「ほ~、そう来たか」って感じです。
彼は味方になるのか、まだまだ微妙ですが。
え~っと(笑)後はひたすら巻き込まれて迷惑を被り、どこまでも運がないベネディクト@スティーヴンの焦った&困った表情と演技を楽しむ鑑賞するってドラマってことで(爆)!?
とはいえまだまだ謎だらけですが。

ベネディクト、Sherlockの影も形もありませんわ(当たり前ですが)。
彼のキスシーン、相変わらずビミ(以下自粛;爆)。

Sherlock、Benedict&Martin、National TV Awardsにノミネート!

  • 2010/09/24(金) 08:00:05

来年の1月に授賞式が行われるNational TV AwardsにBBC Sherlock、主演の2人、
Benedeict CumberbatchとMartin Freemanがノミネートされました

National TV Awards

VOTEとSTARTのボタンを押して入ると、3ページ目にSherlockが、
4ページ目にBenedictとMartinの名前が。
作品も俳優も強豪揃いですが、受賞期待したいですね!

作品としてはこの前WOWOWで放送された犯罪捜査官アナ・トラヴィス、ドクター・フー、フロスト警部、バーナビー警部、危険な女刑事、刑事ヴァランダー、魔術師マーリン、MI-5、華麗なるペテン師、IDクライム、ニュートリックス、法医学捜査班 silent witness、シェイムレスと日本でも馴染みの名前多数。
後は、Luther、Law&Order:UK、Casuarity、10月から日本でも放送が始まるルイス警部など。
この賞はイギリス、アメリカ、男性、女性を区別しないので、アメリカのドラマ&俳優もノミネートされてます。
俳優は、選ぶの辛そう。
(自分だったら)
そもそもベネディクトとマーティン、選べなーい(爆)!


さて、最近は眠気でダウン→そのまま遠出→肩こり&歯が浮く→そのままHDD整理→仕事
と自分でも何してるんだかよくわかりませんorz。
でもやっとHDDの残容量が10時間越えました!
でもまだまだ未見多数・・・。

名探偵ポワロ「マギンティ夫人は死んだ」

  • 2010/09/14(火) 08:12:24

mrs-mcgintys-dead2.jpg



評価

 ★★★★


あらすじ

掃除夫のマギンティ夫人が自宅で殺された。彼女の家に下宿していたベントリーという若者が庭の脇の小道に彼女のお金を隠していたのを発見され、逮捕される。彼は失業したところでお金が欲しかったし、彼女のお金の保管場所を知っていたという結論で裁判で死刑の実刑が言い渡される。
事件を担当したスペンス警部にはベントレーが殺人を犯すような人物には見えず、旧知の仲であるポワロのところへ事件の再調査を依頼しにやってくる。
ポワロは依頼を受け、事件が起こったブロードヒニーという村へと赴く。

感想、みたいなもの

まずまずおもしろかったです。
(ちなみに原作は未読)
ただ白状しますと、クリスティものは登場人物が多くて、
最後の方まで顔と名前が一致しない
特に最初の方は相関図がよくわからず「???」だったのですが、
でも犯人の鍵となるちょっと怪しいなぁというシーンだけはわかりました
しかし皆さん、ポワロの説明聞いていちいち怒り過ぎ!?
やってないのだったらそんなに怒らなくても・・・。
(見てるこっちが混乱してます;ミステリーだから当たり前か(爆))

明日はいよいよガティさん脚本のエピソード「鳩の中の猫」です♪
ちなみにマーティンの奥さん(パートナー)のアマンダも出てます

The Robinsons(BBC:2005)

  • 2010/09/09(木) 21:25:01

Robinson Family

ロビンソン一家。左から長男ジョージ・マギー夫妻、母パム、父ヘクター、
長女ヴィッキー、次男エド。


評価

★★★★★

あらすじ

ロンドン郊外に住むロビンソン一家。ヘクターとパム夫婦の間には3人の子供がいる。
長男ジョージは何事もあらかじめきっちり決めて仕切らないと物事が進められない。
職業は時間管理コンサルトで妻マギーとの間に6歳の息子アルバートがいる。
長女ヴィッキーは36歳。自称成功したインテリアデザイナー。
彼女も物事に完璧さを求める。特に男性に関しては。なので未だ独身。
次男で末っ子のエド。32歳で大手の再保険会社に勤めている。が内緒で付き合っていた同僚が出世し、
上司になったため、ややこしくなり解雇される。
気がつけば仕事なし、家なし(なぜかジャングルの奥地へ行っている叔母の家に居候している)、
彼女なしで、家族に負い目を感じ、せめて改めて嫌いだと気付いた保険関係以外の仕事に再就職しようと面接を受けるが、
自分の説明が外的要素以外できないことに気づく。

感想、みたいなもの

マーティンが最も気に入ってる作品の1つということで鑑賞。
30分×6話のシットコム。残念ながら1シーズンのみで終わってしまいました。
imdbでも評価高いのに何でかなぁ。
3兄弟の名前はパムが王室ファンなので、ジョージ6世、ヴィクトリア女王、エドワード7世から名付けられる。
両親はしょっちゅう激しい喧嘩をし、兄はこれだけ成功したのに父親に認められないことを不満に思い、
姉は理想の男性にめぐり合えず、挙句の果てに子供を生めばいいや、という結論付けて子作りに奔走、
姉同様女性関係がうまくいかず、もとい全てうまくいかない超ネガティブな弟。
ところが、これがこれだけ見たら悲惨ですけど、まぁったく悲壮感0(笑)。
この一家、気持ち悪いくらい超仲がいい!
兄&弟はシャーロック&マイクロフトと同じく子供時代のゲームを壊したことで未だに「お前が壊したくせに!」
「壊したのはボクじゃない!」と口論。
それでもエドが愚痴りに行くのは決まって兄&姉の家(笑)。
しかも毎年誕生会を家族でインド料理店でお祝い
(エド曰く、辛いのイヤだから今年はタイ料理にして~!と懇願したのにあっさり却下(爆)。タイも辛いと思いますが・・・)
どれだけエドが自分のことを卑下しようと、結局家族全員エドが大好き!なんですよね。
とにかくこの家族、それぞれの欠点にもかかわらす、愛すべき人たちばかりで、
結構ブラッキーなはずなのに、暖かささえ感じてしまうくらい。
兄弟が抱えている問題も普遍的というか、誰かが自分に当てはまるというか。
(WOWOWのコメディUKでぜひともやって欲しいです)
もちろんその中でドタバタが起こるのですが、それが最高におもしろかったです(^▽^)!
(やたら××なシーンが多かったけど、全然やらしくなかったし)

おもしろかったシーン

~再就職の面接で~

面接官「あなた自身について教えて下さい。」
エド 「えっと、身長は5フィート8インチで、髪はねずみ色がかった金色で・・・、」
面接官「それは我々も見てるのでわかります。あなた自身の人物像について教えて下さい。」
エド 「・・・・・。」
(「オレって一体何なんだろ・・・?」)

~職業安定所で~

(200問もの適正検査に答えた後で)
カウンセラー(パソコンのキーを叩いて「あなたに一番適合するのは、・・・海上保険業ですね。」
エド    「その次に合うのは?」
カウンセラー「自動車保険業ですね。」
エド(恐る恐る)「じゃあその次は・・・?」
カウンセラー「損害保険業ですね!」
エド    「・・・・・。」

~息子の素朴な疑問にプロジェクターみたいなの使ってプレゼンするジョージ。

~子供を作るため無表情でベッドで○○○に勤しむヴィッキー。

特典映像のNG集でのヒュー・ボネヴィル(笑)。


=おまけ=






撮影終了後の打ち上げパーティーでキャスト&スタッフに配られたクリップだそうです。
ほんと楽しそうな現場ですね!
スタッフ遊び過ぎ
マーティン、やっぱりカワイイです(笑)!家族のアイドル末っ子エドにぴったり!
ちなみにマーティンと手をつないだり、ベッドでいちゃついてる!?女性はマジな彼女で、
やっぱりコメディ俳優のアマンダ・アビングトン。
今は2人に間には2人のお子さんがいます
もうひとつおまけにロビンソン家の母親パム役のアンナ・マッシーはホームズ役で有名なあのジェレミー・ブレットの最初の奥さんです。
そしてヒュー・ボネヴィル。イメージを思いっきり崩されてしまいました!
ってその格好・・・orz。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。