スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらっと感想(若干古いですが・・・)

  • 2010/11/11(木) 09:38:40

またまたぷち放置(爆)。
最近も都合で朝が早いのでこんな時間に更新してみたり(--;)。

前にも書いた感想を簡単に。

◎ルイス警部の裏側

最初に出所の「モース警部」のシーンから始まる。
ケヴィン・ウェイトリー若い!。やっぱり掛け合いが楽しいが、
見ていてちょっと寂しくもありますね。
後は撮影の様子とか、CG合成のやり方とか(まったく違和感なかったので気づかなかった・・・)、
スタッフ、キャストのインタビューなど。
ケヴィンさんは本当に自信をもってルイスを演じてるのがよくわかります。
で、もっぱら人気急上昇中(!?)のハサウェイ役のローレンス・フォックスは
やんちゃな地がよくわかるインタビューでした。
撮影外では結構はじけていたようで(笑)。
(でも新婚旅行中に嫁と「Mr&Mrs.Fox」ってタトゥー入れ合うのはどうかと;←これは番組には関係ありません。ただのいらんお世話です;大汗)
もう残すところ明日の1回になってしまいました!
早めに続きの放送をお願いします>銀河さん。

◎ジェイン・オースティンに恋して(第1話)

(↑ちょっと邦題おかしいような。彼女に恋してるっておかしいと思うのですが・・・。)
夢見る乙女の妄想願望がかなって、憧れる「高慢と偏見」の世界に入ってしまうドラマ。
でもねぇ、いつものごとく主人公アマンダが、(以下自粛)。
後どうしてもBBCの「高慢と偏見」、ジョー・ライトの「プライドと偏見」と比べてしまうのですが、
リジーは出番が少ないので、よくわかりません。ジェインは一番きれいかも。
妹たちは結構みんな似てるんですよねぇ。どれが誰だったのか記憶も曖昧(笑)。
ミスター&ミセスベネットは一番若いかも。
ミスターベネットはヒュー・ボネヴィル!いい人です。
訳のわからないアマンダをあっさり受け入れてるし(爆)。
ミセスベネットは一番いやらしい感じ。
ピングリーも他の作品によく似てます。で、ダーシーですが、
コリン・ファースの縮小版!?な感じで意識的にBBC版に似させてるかも。
やっぱりあのドラマはいまだにああいうイメージなんでしょうか。
ただこれからどんどんあれあれな展開になっていくみたいので、
どんなことになるのか見てみたいと思います。
・・・っていつ全話見終われるやら(゜-゜)。

スポンサーサイト

まとめての感想など・・・(訂正)

  • 2010/10/26(火) 09:34:39

なぜかはわかりませんが、
じっくりきっちりなレビューが書けてません(_ _;)。
もう忘却のかなたに消えていきそうなので、簡単に感想を。
(なるべくネタバレはなしで)

ラストエネミー

途中までは結構おもしろかったんですよ。
ウィルスとTIAとの政府の関係の謎とか。
(あれに関してははスルーしときます;爆)
でもある人物の登場から「あれれ」な雰囲気になり、
結局よく理解できないまま終了・・・。
自分の理解力がないのか、話が込み入りすぎてるのかわかりません。
最後の回なんてベネさんの存在感が、・・・。
あれ?いたっけ(大爆)?みたいな扱いに。
ラストも救いようがないけれど、イマイチ現実味が薄いというか。
よっぽど他の刑事ドラマとかの方が救いようがないんじゃないかなと。
ロバート・カーライルの正体にはちょっとびっくりでしたが、
その後のあれは予測ついたなぁ・・・。

ルイス警部

ほんとおもしろい!
おもしろいというかハマります。
シリーズ4まで続いているのも納得。
どこかでイギリス版相棒とありましたが、
(相棒、でも見たことないんですけど)
ルイスはルイスです(何じゃそりゃ)。
やさしいし、紳士だし。
でも優秀な刑事でもある。
モースと組んでいたことは伊達じゃなかったんですね。
一方のハサウェイ。パブリックスクール出身のケンブリッジ大卒。
しかも神学専攻の超異色刑事。
普段もほとんど感情を出さず、まるで能面だし(笑)。
趣味で中世音楽とジャズを融合した音楽をやってるバンドでギター弾いてたり。
でもさりげなく気を利かせたり、態度には表さないけどルイスを尊敬してるみたいだし。
最近はポソっとジョーク!?みたいなことも言うようになってきました(笑)。
そのギャップもまたおもしろい。
そんなコンビがちょっと独特で、見ていて微笑ましいというか。
それと神々しいまでのオックスフォードの街並み!
最後に建物や風景が映るんですけど、
夕日に浮かぶ建物の美しいこと!
思わず息を呑みます。
次回は舞台裏大公開。楽しみです!

これから見るのが「ジェーン・オースティンに恋して」。
なかなか英語字幕のDVDまで辿り着けなーい(爆)!!!
(まだまだ買いたいものもあるのに・・・。)

~訂 正~

ルイス警部、シーズン4まででした。
パイロットとシリーズ1のみ3話、後は各4話ずつ計16話。
今見たらチャンネル銀河でやるのはなぜか第2シーズンの第2話まで。
後はどうなるんでしょう?

ラストエネミー 近未来監視国家の陰謀 第2話

  • 2010/09/27(月) 22:00:43

lastenemy460X276.jpg
評価

★★★

あらすじ

細菌学者のモートン教授の研究施設に進入した後気絶していたスティーヴンは、気がつくと教授と秘書が殺されていた。慌てて研究所から逃げ、元恋人で政府閣僚のエレナに電話でどうすればいいか相談する。
彼女に言われたとおりホテルに身を隠すが、ずっと彼を尾行していたラッセルという男に拉致されてしまう。

感想

見事に放送日を勘違いして、1話を見逃してやっと見えました!
でも断片的に見覚えのあるシーンがあったので、ちょこっとこの回も見ていたようです・・・。
この回のキモはなぞの男ラッセルの正体!
とにかくこの人コワっ(笑)!
何の説明もなく拉致しまくって、脅迫シーンもめちゃ恐い~。
しかもスティーヴン行くところストーカーよろしくどこにでもいるので
こっちまで「ヒッ!」ってビビッてました(笑)。
ロバート・カーライルにぴったりの役ですな。
で最後に彼自身の口から明らかになる彼の目的。
「ほ~、そう来たか」って感じです。
彼は味方になるのか、まだまだ微妙ですが。
え~っと(笑)後はひたすら巻き込まれて迷惑を被り、どこまでも運がないベネディクト@スティーヴンの焦った&困った表情と演技を楽しむ鑑賞するってドラマってことで(爆)!?
とはいえまだまだ謎だらけですが。

ベネディクト、Sherlockの影も形もありませんわ(当たり前ですが)。
彼のキスシーン、相変わらずビミ(以下自粛;爆)。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。