スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フロスト警部新エピソード 愛なき者のゲーム

  • 2010/11/16(火) 08:01:00

◎あらすじ

20年前、ジェーンとハリエットという少女2人が殺害された。第一発見者であるカール・メイヤーはジェーン殺害犯として服役していたが、ハリエット殺害に関しては遺体が見つからない為、不起訴となっていた。そのメイヤーが仮釈放となり地元に戻ってくる。
(AXNミステリーHPより)

後残すところ4回(実質3話)となってしまったフロスト警部。主演のジャック・フロスト警部役のデヴィッド・ジェイソンが70歳になって俳優引退を決めたため、フロスト警部も17年目で幕を下ろすことになった訳です。
自分は途中から見始めたのですが、フロストとデントン署の面々とのやり取りがおもしろくて、
ついついはまってほぼ毎日というのに見てました(笑)。
微笑ましい(!?)仲間うちとは違って、起こる事件はやっぱりイギリスの刑事ドラマ。
重くてたまに救いようがなかったりするところもついつい引き込まれてしまいました。
今回のエピソードも新しいシステムが導入されるんですが、
マレット署長を初め、ベテランな方々には使いこなせず、困ってしまいます。
なんとなく署長もフロストに対してしんみりと接してるように感じたのは
気のせいでしょうか?
そんな中、昔の事件の犯人とされる男性に異様な執着を持つフロスト。まったくこういうところは変わりません(苦笑)。
当然その男性を激しく憎むハリエットの父親。ん?もしかしてジョン・キャッスル(ミス・マープルのクラドック警部)?
と思ったら、やっぱり大正解!
ううう、年取ったなぁ・・・。でも1940年生まれだからデヴィッド・ジェイソンと同じく70歳ですね。
その父親の意外な告白から事件は急展開。
今回もおもしろかったです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。